電報のさまざまな形に進化

Update Article

末永く残せる電報

写真フレームと電報 招待していただいた結婚式にどうしても出席できない状況になることがあります。そのときに、なんとか結婚…

Readmore

電報で感謝の気持ちを伝える

結婚式ではどんな電報が人気か 携帯電話が普及した現代社会においては日常生活では電報を使用することはほとんどありません。…

Readmore

バルーンタイプの電報も存在

出席できない結婚式は電報でお祝いを! 事情があって結婚式に出席できない場合や、遠縁の方の結婚式でお祝いしたい場合には電…

Readmore

いま話題のバルーン電報について

近年では、結婚式向けのさまざまな種類の電報が登場しています。ぬいぐるみの電報などはすっかり有名でおなじみだと思いますが、他にも変わった、かわいらしい電報がたくさん登場しています。その中でも特に今話題なのが、「バルーン電報」。その名の通り、さまざまなデザインのかわいらしいバルーンがついている電報で、その大きさから存在感があり披露宴などでも大いに来客から注目されるほか、披露宴に来場し、披露宴に飽きてついぐずったりしがちな小さなお子さんでも楽しむことができるとして、いま注目を浴びているバルーンなのです。
バルーン電報でよく質問にあがるのは、「バルーンの寿命はどのくらいなのか?」ということ。バルーンですから、通常のものであれば数時間から2.3日と、披露宴が終わってすぐにしぼんでしまうものもあれば、中にはガスの種類の特殊なものや、のちのちにガスを充てんできるバルーンでは、なんと1年以上保つものもあるそうです。
これなら、長いこと記念にお家に飾っていられますね。逆に、帰りに新郎新婦の荷物ならないためという配慮で、あえて寿命の短いバルーン電報にすると感謝されるかもしれません。どんどんといろいろなバリエーションの商品が登場しているバルーン電報。是非一度検討してみてくださいね。

大切な友人の結婚式にお祝いの気持ちを形にする粋な電報

大切な友人の結婚式にどうしても出席できないけれど、おめでとうの気持ちを結婚式当日に届けたい。そんな時には、お祝い電報を利用しましょう。メールなどでお祝いするのに比べて、電報は確実に新郎新婦にお祝いの気持ちが届けられます。目で見えるからこそ、確実で、結婚式当日に贈る事ができるからこそ喜んでもらえます。
贈る電報の形は、種類も豊富です。メジャーなぬいぐるみや、メロディーの流れるカード、そして最近ではスマホと連動して気持ちを伝えられる電報も増えてきています。他にも、ブーケのような花束電報や、絵画のような少し変わった電報もあります。新婦が好きなキャラクターの電報を贈ったり、新郎新婦が好みそうなデザインの物を選んで贈るのが大変喜ばれます。また電報のメッセージは自分で決めた言葉で作る事ができますので、結婚式当日に読む新郎新婦が幸せな気持ちになる文章を考えて伝えましょう。嬉しくて涙を流してくれるかもしれない、大切な大切な言葉を伝えてください。このように、電報は実際に結婚式に行けなくても、喜ばしいお祝いの気持ちを当日にリアルタイムで伝える事が可能なのです。気持ちを形に表す事ができるのです。
結婚式という特別で素敵な日を迎える友人に喜んでもらう為に贈る電報はとても粋な方法として、結婚式には最適なのです。是非、活用してください。

Copyright(C)2017 結婚式の電報は一生ものの思い出 All Rights Reserved.